知育

赤ちゃんの英語教育はいつから学ぶのが正解?将来の英語力に差はつくの?

「赤ちゃんの時から英語を学ばせて、将来はグローバルに活躍してほしい」

そんな夢を抱くパパやママは少なくないのではないでしょうか。

小さい頃から勉強ばかりさせたくはないけど、やっばり気になる「英語」。

やっておくべき英語教育はあるのでしょうか?

この記事では、英語を学ばせたいパパやママに向けて、英語教育をする際に気をつけてほしいポイントについて解説していきます。

大切な事は赤ちゃんと親が楽しんで経験すること

赤ちゃんのうちに、脳にたくさんの「楽しい刺激」を与えることは成長にとってプラスになります。

そのうちの一つとして英語に触れることは、これからのグローバル社会を考えても意味はあるでしょう。

ただし、ママやパパが英語を楽しんでいることが大前提。

「自分は英語が好きだったから」とか、「私は好きではないけれど、将来のために教室に通わせよう」と無理に刺激を与えても、赤ちゃんは敏感に察知し、興味を失うどころか英語嫌いになるだけです。

まずはママ、パパ自身が楽しめる範囲で英語に触れてみましょう。

洋楽を聴いたり、近所の外国人と仲良くしたり、赤ちゃんが言葉を理解する年齢になったら、英語のCDを聞かせたりということに挑戦してもいいですね。

英会話教室に行くのもOK。

大切なのは本人と親が楽しい経験をすることです。

英語も水泳などの習い事と同じで、好きでないと続かないし、続けなければ身につきません。

生活の中で自然と英語や外国に触れられる環境を整えてあげることが、最良の英語教育です。

スポンサーリンク

正確な発音よりも、相手に伝えようとする努力の方が大事

誤解を解いておきたいのが、赤ちゃんのうちから英語を学ばせておけば、「ネイティブ並み」に発音できるようになるという考え方です。

幼いほど脳は柔軟なので、日本語にない発音の聞き取りや発生が身につく可能性が高いのは確かです。

しかし、グローバル化が急速に進んだ昨今、すでに「標準英語」という概念は消えつつあります。

英米にも地域ごとに訛りはあるし、海外に出る機会が増えるほど、その土地の訛りの英語を理解する必要が高まるでしょう。

日本にも海外からの旅行者や移住者が増える中で、必要なのは、英語を「道具」として世界中の人とコミュニケーションをとる力。

標準英語が話せることよりも、相手に伝わるよう会話を調整していけることが、必要とされる真の英語力です。

だから今、必要以上に「ネイティブ発音」にこだわるのはあまり意味がありません。

日本語なまりの英語でも楽しく話しかけたり、非ネイティブの外国の方と仲良くするなど、英語で会話する楽しさを広げてあげることが大切だと思います。

スポンサーリンク

まとめ|よくある質問

英語を学ばせたいパパやママに向けて、英語教育をする際に気をつけてほしいポイントについてお話しました。

英語教育で気をつけたいポイント
  1. まずは親が英語に親しみましょう。
  2. 無理にさせる勉強は失敗のもと。
  3. 自然に英語に触れられる環境がベスト。

最後に、英語教育によくある質問にお答えしていきたいと思います。

英語は何歳までに始めるべき?

小さいうちはLとRの聞き分けなどを自然に習得しやすいのは事実。ただし、何歳までにという臨界期はありません。

言葉を理解する3歳頃になってから始めれば十分です。

英語を早く始めると、日本語が混乱する?

日本で暮らしていて日常生活に日本語のベースがある限り、幼い頃から自然に触れる機会があっても、日本語の習得ができなくなるなどの害はありません。

英語好きにするにはどうすればいい?

まずは親が英語に親しむことです。

無理に英語好きにしようと思ってもうまく行きません。

もし子供が英語に興味を持たないなら、無理強いせず興味を持つまで待つのがベター。

その他、子どもと英語教育に関する疑問、質問は「子どもの英語の教え方Q&A|英語好きになるために知りたい知識」という記事で紹介しています。

子どもの英語教育におすすめな教材は「幼児の英語教育にお勧め!AEON KIDSの絵本!」という記事で紹介しています。

あわせてお読みください(^^)

関連記事

[kanren postid=”2541"]

ABOUT ME
綾瀬浩二
妻と5歳と4か月の子どもが大好きな自称イクメン(笑)子育てと家族旅行が好きで、日々新天地を開拓中!