育児

離乳食の進め方は早くても遅くてもダメ!5,6ヵ月がベストタイミング

この記事では、離乳食を始めるタイミングについてお話します。

離乳食を始めるタイミングって悩みませんか?

5,6ヶ月頃から離乳食をスタート、とはよく言われるけど、「ホントにこんな小さい時期からあげてもいいの?」「ミルクだけじゃダメなの?」って思いませんか?

でも、5,6ヶ月からじゃないとダメなんです!この時期より早くても遅くても、赤ちゃんの発達に好ましくない影響が出てしまうからです。

今回は、離乳食が早くても遅くてもダメな理由を詳細にお伝えしますので、最後までしっかりと読んでみてくださいね(^O^)

離乳食を始める目安

まず最初に離乳食を始める目安についてお話します。

5,6ヶ月頃になると、次の5つの特徴が揃ってくると思います。これらの特徴が見られてきたら、離乳食を始めましょう。

離乳食を始める目安
  1. 首がしっかりすわっている
  2. 支えてあげるとおすわりできる
  3. 大人の食べる様子に興味を示す
  4. よだれの量が増えてくる
  5. スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

また、離乳食は、厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」にもあるように、5,6ヶ月頃から開始するのがベストタイミングです。

この時期より早くても遅くても、様々な面で赤ちゃんの発達に好ましくありません。

何故早くても遅くてもダメなのでしょうか。

まずは離乳食が早いとダメな理由をお伝えしますので読み進めてみてください。

スポンサーリンク

離乳食が早いとダメな理由は「消化器官の未発達」と「押し出し反射」

まず、5,6ヶ月頃より前の赤ちゃんの体は、固形の食べ物を食べる準備が出来ていません。

消化器官が未発達で、食べ物を与えてもうまく消化できず、胃腸に負担がかかってしまいます。

また、4ヶ月くらいまでの赤ちゃんには、舌の半分より手前に触れたものは、それが何であっても押し出してしまう「押し出し反射」という原始反射があります。

この時期に食べ物を口に入れても、おいしい・おいしくないに関わらず、反射的にべ~っと出してしまいます。

つまり、この時期は生理的に固形物を食べることが出来ないのです。

この「押し出し反射」がなくなり、消化器官の準備が整うのが5,6ヶ月ごろ。

この時期であれば、口に入れたものを押し出すことも減り、食べる習慣をスムーズに始められます。

5,6ヶ月の範囲内であれば、5ヶ月に始めても、6ヶ月に始めても、発達に影響はありません。

スポンサーリンク

離乳食が遅いとダメな理由は「鉄欠乏性貧血」のリスクが高まるから

一方で、離乳食の開始が5,6ヶ月頃より遅くなってしまうと、「鉄欠乏性貧血」のリスクが高まります。

「鉄欠乏性貧血」とは、鉄が不足し、体内に酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンが少ない状態です。

言葉が出ない、運動発達が遅れるなどの症状が見られる病気です。

[colwrap]

ここにメニュータイトルを入力

  • コンテンツメニュー1
  • コンテンツメニュー2
  • コンテンツメニュー3
  • コンテンツメニュー4

アフィリエイト応用

  • コンテンツメニュー1
  • コンテンツメニュー2
  • コンテンツメニュー3
  • コンテンツメニュー4

ここにメニュータイトルを入力

  • コンテンツメニュー1
  • コンテンツメニュー2
  • コンテンツメニュー3
  • コンテンツメニュー4

アフィリエイト応用

  • コンテンツメニュー1
  • コンテンツメニュー2
  • コンテンツメニュー3
  • コンテンツメニュー4

[/colwrap]
上の表は、離乳食を開始した月齢の異なる子の血液を調べたものです。5,6ヶ月に始めた子に比べて、7ヶ月以降に始めた子のヘモグロビンの値が少なくなっていることが分かります。

たまに「1歳までは母乳だけを飲んでいれば育つ」という母乳信仰のママがいますが、それは大きな間違いです。

母乳やミルクからも鉄はとれますが、貯蓄している鉄が少なくなる5,6ヶ月ごろになったら、離乳食から鉄を補う必要があるのです。

離乳食期は、大人の食事を食べられるようになるための練習期間です。赤ちゃんの将来のために適切な時期から「食べる練習」をスタートしてあげましょう。

スポンサーリンク

食物アレルギーが心配な場合、特定の食材を除去するとかえって発症しやすくなる

以前は、科学的とはいえない方法により実施された研究の報告をもとに、食物アレルギーになりやすい食材を与え始める時期は遅らせた方が良いと考えられてきました。

しかし、2015年にイギリスの研究チームが発表した研究では、5歳になるまでピーナッツを定期的に与えたグループと与えなかったグループでは、ピーナッツを与えたグループの方がピーナッツアレルギーの発症が抑えられたという結果になりました。

また、日本で行われた研究でも、6ヶ月から粉末状の固ゆで卵わ与えたグループは、与えなかったグループに比べて、1歳時の鶏卵アレルギーの発症率が約8割少なくなった結果になりました。

これらの事から、近年では離乳食の開始や特定の食材を与える時期を遅らせることは、食物アレルギーの予防効果がなく、特定の食材を除去することがかえって食物アレルギーの発症につながる可能性がある事が分かってきました。

ただし、湿疹を経験した赤ちゃんはリスクが高いので勝手に行わないで専門医に相談しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

離乳食の開始が早くても遅くてもダメな理由についてお話ししました。

離乳食開始時期のまとめ
  1. 離乳食の開始が5,6ヶ月より早すぎると消化器官に負担がかかる。
  2. 5,6ヶ月より離乳食の開始が遅いと鉄欠乏性貧血で発達が遅れることがある。
  3. 特定のものを除去したり食べさせる時期を遅らせると食物アレルギーの発症につながることがある。

以上の事から、離乳の開始時期は5,6ヶ月からスタートするのがベストタイミングだと言うことが分かります。

もしも食べ始めさせて、嫌がって泣いてしまっても、諦めずに根気よく付き合ってあげましょう。

離乳食はいつから始めるのが正解?5,6ヶ月から知りたい離乳食の基本」という記事で、離乳食の食べさせ方やおすすめのベビーフードについても紹介していますので、あわせて読んでみて下さい。

ABOUT ME
綾瀬浩二
妻と5歳と4か月の子どもが大好きな自称イクメン(笑)子育てと家族旅行が好きで、日々新天地を開拓中!